「小さな会社にウェブマーケティングを」PICNICは小さな会社のWEB集客を徹底サポート致します

ブラックハットSEOとは?

ブラックハットSEOとは、Googleのアルゴリズムを不正に利用し、検索結果の順位を意図的に上げる手法のことです。

具体的な手法としては、

  • SEO業者から被リンクを購入する
  • リンクファームと呼ばれるリンク集から被リンクを得る
  • 人間には見えないように大量にキーワードを仕込む
  • サテライトサイト(コピーサイト)を大量に量産し、検索結果の上位を独占しようとする

など、検索エンジンのアルゴリズムの穴をついて不正に検索順位を操作しようとする施策を指します。

以前、Googleのアルゴリズムは非常に単純でした。そのため、Googleを欺くことはそれほど難しくなくブラックハットSEOによって多くのサイトが上位表示されていました。

しかし、現在Googleはユーザーの為にならないサイトを上位表示しないようなったので、ブラックハットSEOは機能しなくなりました。

Googleなどが提供する検索エンジンサービスは広告収入で企業活動をしています。そのため、より多くのユーザーに使ってもらわなければ利益がでません。

ブラックハットSEOが無くなった今、ユーザー目線のコンテンツを作ることが一番のSEO対策と言えるでしょう。

ブラックハットSEOって誰が決めてるの?

Googleがルールを決めています。

ブラックハットSEOの定義をすると…

ブラックハットSEOとは、「Googleのウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)」に準拠しない不正なSEO手法のことを指します。

 

不正なSEO手法を行うと、Googleからペナルティを食らってしまいます。ブラックハットSEOについてGoogleが公式に名言しています。

スパム対策が実施されたサイトは、Google.co.jp や Google のパートナー サイトの検索結果に表示されなくなることがあります。

場合によってはスパムサイトを Google の検索結果から完全に削除することがあります。

※引用元:ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン) – Search Console ヘルプ

つまり、スパムサイトと判断されたサイトは、検索結果からサイトが削除されてしまいます。

このことから、Googleのウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)に記載ある偽装行為や不正行為によく目を通し、ブラックハットSEOについて理解を深めながら、サイト運用することが重要と言えます。

ガイドライン内でGoogleが再三述べているのは、良質なコンテンツを評価する、ということです。ユーザー目線のユーザーの為になるコンテンツを作ることが出来れば、検索結果で上位表示されるということです。

 

こう言おう!

友人A
友人A
まだ、SEOは良くないこととか言ってるの?それは、昔のは・な・し。

ブラックハットSEOが流行ってた時の印象が強いんだねぇ~

WEBマーケティング用語集
SNSでもWEB集客に必要な情報を更新中!

WEBマーケティング用語集の最新記事4件

>小規模事業者にマーケティングを

小規模事業者にマーケティングを

PICNICは、「小さな会社様向けのコンテンツマーケティング」を行います。

ブログ集客に必要なメディア戦略から制作まで行い、運用をスタートしたら、集客ノウハウと改善施策を提供していきます。

ブログ集客で成果を最大化させるためになによりも重要なことは、ユーザーへ届ける価値を追求すること。しかし、検索エンジンに関する正しい知識がなければせっかくの努力も報われません。

PICNICはコンテンツマーケティングを成功させるために必須な、コンテンツ作成のノウハウ、快適な動作を実現するWebサーバー、改善に必要な定期レポートの連携サポートをセットでご提供します。

導入頂ければ「ユーザーに届ける真の価値」の追求のみに注力できます。

一過性の広告に頼らず、安定した集客と売上げをコンツマーケティングで実現しましょう。

CTR IMG